里芋の間引きと追肥とほっかけ

2020.06.14

次回農園に来た際に、里芋のやっていただきたい作業が発生していますのでお知らせです。
基本的にはホワイトボードに手順を書きましたが、ちょっとしたポイントを写真で説明します。


ます、ビニールの剥がし方
126BB6C3-5AF2-4A00-9D78-0F64AD377095.jpeg
こんな感じにスポっと下から剥がせちゃいます。多少葉が痛んだりしますが大丈夫。ビニールの裾が畑に残らない様に、畝の周りをスコップなどでほぐしてから剥がすといいです。ビニールはご自宅での処分にご協力ください。


次は間引きです
A15A9719-E83D-4685-ADC7-0FC58087CF56.jpeg
写真のように一箇所から数株生えているところがあります。

E22E6E16-BDC7-4869-83DA-052F0AB5B8B6.jpeg
その中の一番大きな株を残して、その他の株を根本から抜いちゃいます。
なるべく下の方を持ち、斜めに引っ張るとボキッと良い感触があります。

その際、残す株が抜けないように抑えておくと良いですね。

この間引きは、今の時点で一回行うだけでOKです。これからもワキ芽が出てきますが、それは放っておきましょう。



F918E7B4-F48E-4EF2-8C0A-0462FF36FAAB.jpeg
いよいよ収穫ラッシュが始まりそうです。

適期の収穫で旬の野菜を楽しんでください!

posted by ベジファームTOMO at 07:57 | Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント: